【連携企画】夏休み自由研究講座が開催されました~楽器を手作りして演奏しよう!~

2018年7月28日(土)午後1時半から3時までの90分、夏休み自由研究講座「楽器を手作りして演奏しよう~!」(川崎市地球温暖化防止活動推進センター企画)が開催されました。
台風の影響が非常に心配されたのですが、雨風がひどくなる前に、講座を無事に開催することができ、ホッとしています。
当日欠席の方もいらしたのですが、12名の小学生(保護者のみなさまとご兄弟の見学も15名ほど)が熱心に参加されました。

はじめに、ホールの方で「音って何だろう!」という実験。
音の仕組みを、音叉やギター、ウクレレ、ピアノを使って勉強しました。

dav


その後、シンデレラのスープ(講座会場)に会場を移して、実際に楽器を作ってみました。
今回は、小学校1~2年生が多かったので、途中までスタッフが準備をして、途中からみなさんに作っていただきました。

dav


弦を貼るところは、難しい~~、と言いながらも、みんな、とても上手に作品が完成しました。

dig

最後は、3班にわかれて発表会を開催!
講師のピアノに合わせて、自分で作った楽器で、「かえるのうた」を合奏しました。

この楽器は、牛乳パックやラップの芯を使って作られています。
長さが違うラップで作ったり、指で押さえる位置を変えて演奏してみたり・・・と、色んなアレンジ方法もお話ししました。

7月21日、22日に、川崎市地球温暖化防止活動推進センターで行われた「環境エネルギー・ラボ2018 in たかつ」にも参加してくれていた親子たちもいて、ほとんどの方がCOOL CHOICE宣言もしてくれて、「環境vs音楽」の講座を満喫してくださいました。
今度はいつですか~~?、、等と、嬉しいお問合せをしてくださる方も多かったです。