地域学習で、地元小学生が来館!

11月1日(水)、13日(月)と2回に渡って、地元の小学生が「地域を知ろう」という学習で、小黒恵子童謡記念館に見えました。
子どもたちは、夏休みに個人個人で地域学習を行い、そのまとめの中で「もう一度行ってみたい。」「こんなことを聞きたい。」と思ったところを今回の見学の場所として選んだそうです。
今回の探検を通して、記念館で働いている人たちの仕事に対する思いなどに更に関心をもち、「地域のたからもの」として、友達た保護者に紹介してくださるそうです。

前回は、3年生が14名、今回は、2年生が35名 の参加でした。
中には、「今日で5回目だよ!」と言ってくれる子もいました。ミニコンサートやいろんなイベントに参加してくれているそうです。
子どもたちからは、
 「どうして記念館をはじめたのですか?」
 「なぜ、記念館をこのような造りにしたのですか?」
 「なぜ二宮金次郎の像があるのですか?」
などと、突っ込んだ質問も飛び出しました。

子どもたちの質問の中には、調べなければわからなかったこともあったので、私たちの方が、子どもたちから学んだことも多かったです。
でも、すべての質問に答えることができて、ホッとしています。
「また、来るね~~」と、帰っていった子も多く、今回の学習をきっかけにして、また、この記念館に遊びに来てくれると嬉しいです。